話しかけやすいオーラを身に付ければ出会いもたくさんある!

なたの職場で、いつも周りに人が集まっている先輩や同僚がいませんか。


住んでいる地域でも同じような人がいると思います。
きっとその人は話しかけやすい人なんです。

%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%a5%e5%8a%9b4

コミュニケーション能力の高い人は、相手と打ち解けたり、信頼を得ることが
人一倍上手です。初対面の人とでもあっという間に仲良くなっています。

会社や住んでいる地域コミュニティの中ではそれぞれグループがありますよね。
日常接する人はどうしても限られます。
普段あまり接していない人と話すとなると何となく気まずいですよね。

ところが、コミュニケーション能力の高い人は気さくに接したり楽しそうに
話しかけたりする事ができます。
その結果“いい人”、“話しかけやすい人”との印象を持たれ、
話しかけられるようになります。

営業マンならいつも上位の成績を上げている人でしょうね。
お客様の信頼を得て安定した成績を上げることができるからです。

ミュニケーション能力の高い人は、すぐに相手の心を開かせてしまいます。
それは相手に合わせたコミュニケーションをとっているからです。

会話の中では相手の感情が高揚したり、話のポイントになる言葉やフレーズが
でてきたりします。
会話上手な人は、その時の相手のテンションに合わせたり、 ポイントとなる言葉や
フレーズを復唱したりします。
相手は“ちゃんと話を聞いてくれる”“話していて楽しい”と感じます。

Web
これは、恋愛にも使える「ミラーリング」という信頼関係を築くテクニックなんです。
ミラーリングとは、文字どおり「鏡」のように相手に合わせることです。
表情や姿勢、動作、ジェスチャーなどを、相手と鏡写しになるように合わせます。

心理学の世界では、人は自分に似た人に自然と好意を持つ、と言われています。
自分と同じ趣味を持っていたり、性格のタイプが似ていたり、何らかの共通点を
持っている人には好意をもちます。

“相手が喜んでいる時に自分も一緒に大きく喜ぶ”
“相手が悲しんでいたら自分も一緒に悲しむ”
“相手が足を組めば、自分も足を組む”
“相手が飲み物を口にしたら自分も飲み物を飲む”
こんな具合にです。
ただし、“さりげなく”、“自然に”が肝心です。

%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%ab2
コミュニケーションを取っている時、相手の話に心から共感する、
否定しないなどの行為もミラーリングと考えてくださいね。
相手の表情、感情なども観察することが大事になってきます。

実はビジネスの世界でも、このミラーリングは重要視されています。
デキる営業マンは、お客様と信頼関係を築くために、このテクニックを
駆使しているのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする