コミュニケーションでは伝達能力も大事なスキル!

≪あなたの想い、伝わっていますか≫


場でもプライベートでも、
コミュニケーションが成立するか否かは
メッセージの受け手次第です。

「伝えたからわかっているはず」の一方的な
思い込みでは成立しません。

「伝えたのに伝わってなかった」ケースが
時折り起きてしまいます。
ひょっとしたら、このようなケースがむしろ
多いのかもしれません。

このようなケースはなぜ起こってしまう
のでしょうか。

伝えられる側より伝える側に課題があると
考えて間違いはありません。

例えば、職場でのコミュニケーションが円滑
ならば、良質な人間関係が築かれています。

上司や先輩のメッセージで、部下や同僚の行動
を促すことも容易でしょう。

かつて私は、職場で週初めに行う朝礼では、
重要と判断した内容は簡単なレジメにして
配布し、併せて口頭でメッセージを伝えて
いました。

にもかかわらず、全員が行動をとってくれる
ケースは少なかったようです。

相手に行動してもらおうと考えるなら、
共感してもらうと同時に、ゴールまでを
具体的にイメージしてもらう必要があります。

振り返ってみると、「共感してもらう」レベル
はハードルが高すぎたようですね。
部下は十人十色で、関心の度合いも違えば
価値観も違うわけですから。

誰一人として同じ人がいないわけですから、
当時の私のこのやり方では、全員が行動に
移すことは無理だったようです。

伝達方法に工夫がたりませんでしたね。


≪伝達能力の高い人は知っている≫


「情
報がないと絶好のチャンスを失ってしまいます」

職場では、
特に経営層の人は情報を大事にします。

必要な情報が適切なタイミングで入ってくると
経営に活かせるからです。

情報を伝える力がある人はこのことを充分に
理解しています。

情報の遅れは会社に大きな損失を与えて
しまいます。

情報を伝える力がある人はこのことも充分に
理解しています。

伝えなければならない情報を入手したなら、
その扱いに最新の注意を払います。
関連部署のメンバーと共有できるよう配慮
します。


「情報を伝えることを疎かにしてはいけません」

伝達能力がある人は、小さな情報も伝えるべき
人にちゃんと伝えます。

共有ツールがあればそれを活用してオープン
にします。
業務改善に役立つ情報なら共有すべきです。

多くの人からのアイディアを集めるためにも
共有する必要があります。

直ぐに伝えるから価値ある情報となるのです。
情報がなければ危険な状況にあると理解する
べきです。

≪伝達力はコミュニケーションを円滑に進めます≫


達力はコミュニケーションにとって重要な
スキルです。

頼りになるんですよ!

職場だけではなく、プライベートでも、
人間関係をよりよく築いていくためにも
必要なんです。

あなたが話すことは、相手の心に記憶として
印象深く残したいものです。

どんなにわかりやすい言葉で伝えても、
相手の記憶に残るとは限りません。

身振り手振りも使って伝えましょう。
声に抑揚を持たせ表情豊かに話すことができれ
ば最高ですね。
きっと伝わり印象に残すことができます。


1.「結論は明確に」

結論は先に伝えるようにします。
少しぐらい説明がまずくても結論が明確だと
ちゃんと伝わります。

結論がしっかりしていれば間違って伝わる
ことはありません。

2.「話の内容はちゃんと整理しておく」

会話に慣れていない人に多いのですが、
自分の頭の中で内容が整理できていません。

伝えたい項目が複数ある場合は、
先に伝えておくことです。

聞き手は項目がいくつあるのか意識しながら
聞こうとするので、理解しやすくなります。

3.「話が長くなるのはNGです」

シンプルに伝えましょう。
必要なポイントだけを話すようにすることです。

話す前に重要なポイントを絞っておきましょう。
重要なことを省いてしまっては何の意味もありません。

4.「曖昧な表現もNGです」

話の内容をわかりにくくしてしまいます。
わかっていることは曖昧な表現をしてはいけません。

≪あなたの好感度が上がります≫


場やプライベートでは、物事を分かりやすく

説明できる人は好感度が高いです。

周囲の評価も高くデキる人だと思われますよね。

説明上手になるために経験を重ねましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする