人間関係を上手に築くコツは共感し理解すること!

≪共感力が円滑な人間関係をつくる鍵≫


常生活の中で、職場の上司や同僚、
知人や友人、周囲の人々との人間関係
は避けては通れないものです。

コミュニケーションが大事だとはわかってい
ても、人間関係をうまく築けず仲間から取り
残される人がいます。

一方、誰かと出会うたびに即座に関係を築け
る人もいます。

この違いはどうして生まれるのでしょう。

良好な人間関係を築くポイントは
「共感力」に違いありません。

「共感力」はコミュニケーションを円滑にする
ためにも、欠かすこのできない重要なスキルな
のです。


ところで、
よく耳にする「共感力」ってなんでしょう。

Wikipediaによると、

『他者と喜怒哀楽の感情を共有すること
を指す。もしくはその感情のこと。
例えば友人がつらい表情をしている時、
相手が「つらい思いをしているのだ」という
ことが分かるだけでなく、自分もつらい感情
を持つのがこれである。』とあります。

もう少し詳しく言い換えると、
「自分がこの人の立場だったら、こんな風に
感じるだろうな」と、相手の内面までを感情
的に理解することです。

相手の話をしっかり聞ける聞き上手で、
相手の気持ちを汲んで寄り添うことのできる
気遣い上手のことです。

ふだんの家庭生活やビジネスシーンでの
コミュニケーションでは、「共感力」がある人
が人間関係を上手に築くことができるようです。

≪この「共感力」を心がければ≫


なたは職場で周囲の人と、

「この人だったらわかってくれる」
「この人だったら信頼できる」
「この人だったら話を聞いてくれる」

と感じてもらえるような人間関係を築きたい
と考えたことはありませんか。

プライベートシーンでも、このような人間関係
を築くことができたら、ほんとうに良い関係の
中で日常生活をおくれると考えたことはありませんか。

「共感力」を自分のものにすると、

・相手の望んでいる対応ができるように
なります

・相手の求めていることが理解できるように
なります

・営業マンならば、相手の真のニーズが理解
できるようになります

・相手の立場が理解できるので、相手を説得
できるようになります

・相手が自分の言動をどう見ているのか
わかるようになります

・周囲の人のモチベーションを上げる方法が
わかってきます

・自分とかかわっている人の反応がわかる
ようになります

・職場でのトラブルが少なくなります


「共感力」を高めれば、
良い上司に、良い部下に、良い仲間に
恵まれます。

職場でも、地域社会でも素晴らしいリーダー
になれるのです。

共感することでコミュニケーション能力は
間違いなくアップします。

≪共感力をマスターするには≫


手の話しに真摯に耳をかたむけ内容を理解する』

決して対立しないことです。

否定や反論は決してしないことで相手との共感
が生まれます。

相槌をまじえながら、相手の言葉を繰り返し
たり、言い換えたりします。

相手も真剣に話すようになり理解ができるよう
になります。

『相手の立場になる』

相手の立場になって物事について深く考えて
みましょう。
これを言えば相手はどう感じるだろうか。
自分の気持ちではなく相手の気持ちを良く考えるのです。

『相手の感情を想像する』

口調や言葉、表情から相手の感情を想像します。
そしてその想像について聞いてみましょう。
相手と同じ感情をもてば共感しやすくなります。

『相手への好奇心をもって』

相手のことを知りたいという好奇心いっぱいで
話をすることです。
相手の話に興味をもつことです。

そして、
相手のことを細かく観察してください。
その人のことがわかるようになります。
初対面でも直ぐに打ち解けられます。

≪是非とも共感力を高めよう≫

人の気持ちを理解できる「共感力」の高い人は
コミュニケーション能力に長けています。

職場でも、プライベートでも威力を発揮する
のは「共感力」です。

仕事は共感力で成果を出す!
仕事がうまくいけばプライベートも順調!

これを機会に、
ぜひとも共感力を磨いてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする