周囲も舌を巻くほどの最上級の聞き上手を目指せ!

≪一流の聞き上手になれ!≫


なたの周囲に”とても聞き上手“と思える
人はいませんか。

私は、”人たらし“と云われるほどの
「聞き上手」を目指しています。

人の心までも動かせるような「聞く力」を
身に付けたいと考えています。

一流の聞き上手ともなれば、

「あなたの元には情報が集まるようになります」

ビジネスマンなら強力な武器になってくれます。

「相手の話を
聞きながら
自分の考えも整理できます」

的確なアドバイスをする余裕が生まれます。
他人のサポートをする力がアップします。

「周りの人から信頼されるようになります」

人に好かれモテるようにもなります。

「人の心を癒し元気づけることができます」

人はあなたと話しているだけでホッとできます。
自然とあなたの周りには多くの人が集まるよう
になります。


「コミュニケーション力が高まります」

聞く力がアップするにつれあなたの話す力も
磨かれていきます。

「人間関係に対して自信がついてきます」

難しい人間関係の問題も解決できるスキルが
身に付きます。
周囲からも認められているという自覚も芽生
えます。

≪あなたの聞く力に磨きをかけよう!≫


かつて、ラジオ番組の電話インタビューを
受けたことがあります。

放送中でのインタビューでもあり、
少々緊張してアナウンサーの呼びかけを
待っていました。

いざ始まってみると、
実に巧みな質問をされ心地よく話すことが
できました。

プロの仕事ですから当然と云えば当然なんで
すが、適切な質問で心を開かせる技術がある
ことを実感させられた経験です。

ところで、私はずっと会社で営業部門での
仕事をしています。
今まで様々なタイプの営業マンと一緒に働
いてきました。

明るく話し上手な営業マンもいます。

逆に、「この人営業には不向きでは?」と思
わせるようなタイプの人もいます。
ところが、立派な営業成績をあげています。

聞き上手なので、お客様は安心して心を開い
ているのでしょうね。


実は、この『聞く技術』を身に付けていると
人間関係づくりがとても楽になるんですよ。

仕事、プライベート、ビジネス、恋愛、家庭、
友人など、あらゆる場面で良好な人間関係をつ
くることができるようになります。

話し手からすると、
聞き上手な人とのコミュニケーションは、
とても楽しい時間になります。

口数の少ない営業マンと思われようと、
コンスタントに成績をあげることができる
理由がここにあります。

真の聞き上手になれば、人生のあらゆる場面
で”上質の人間関係“をつくることができよう
になります。

≪一流の聞き上手になるには≫


「相手を尊重し、大事に接する心」

聞き上手な人ともなると、目の前の人にとても
大事に接し、人となりに興味を持ち、出会った
縁に感謝します。

相手は、ついあなたに心を開き、話しやすい
人だと感じてしまいます。

あなたのことを信頼し、また話を聞いて欲しい
と思ってしまいます。

人は、自分のことを尊重し肯定的に受け止めて
くれると心を開きます。

「コミュニケーションは心に余裕をもって」

話し手は、あなたの表情や態度、反応、集中力
に対して敏感です。
あなたがネガティブな心理状態なら、話し手
はそれを見てとります。

話しにくいと感じてしまいます。
そんな時は、コミュニケーションの前に一息
いれて気分を一新してくださいね。

「相手を理解し共感すること」

聞き上手な人ほど相手のことを理解します。
話し手の話の内容、表情、態度などから心理
状態を想像し、寄り添うことです。

そして共感します。
“共感“については、専門家が考えている
レベルものではなく、相手の気持ちを理解
しようと努力しているレベルだと考えて下さい。

本当の意味での”共感”は、
専門家でも難しいテーマなんですから。

≪聞き上手は人間関係を良好にする≫

話し手は、聞き上手な人を信頼し心を
開きます。

そのためには、相手に寄り添い、相手のため
に話をじっくり聞き、自分のことのように
話し手の話を傾聴します。

コミュニケーションはスムーズになり、
それにつれて人間関係も良好になります。
ストレスもなくなり、明るい日々が訪れます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする