人間力が運を引き寄せる!偶然ではなく日頃の心がけと努力から!

が良いか悪いかは、最初から決まっているわけではなく、
本人の努力や生活習慣が作用しているようです。
ですから自分の運の良し悪しは変えられるのです。

「運が良い人だな~」と言われる人のマネをしてみるのも良いですね。
運が良い人のどんなところをマネすれば、
チャンスを引き寄せることができるのでしょう。

≪いつも夢を実現しようと希望と目標を持っています≫

志が高いのです。
自分の夢が明確になっていて、実現するために自己啓発に努めます。
自分がすべきことがわかっているので、
努力を継続するにつれ自信が芽生えてきます。

自然に環境や運が味方をしてくれるようになります。

≪いつも明るく穏やかな笑顔を絶やさない≫

いやなことがあっても気持ちの切り替えを上手にできる人です。
そういう習慣が身についているのです。
嬉しい時は素直に喜び、いやなことや悲しいことがあっても
いつもでも悩んではばかりではありません。

適度な割り切りも必要だと心得ています。

≪何事にもポジティブに応えます≫

成功するチャンスを逃しません。
どのような時でも、人や物事の良い所ばかりを見て行動します。
さらに良くしようと常に考えているので、
いつも楽しい気持ちで取り組みます。

何事も前向きに捉えるのでチャンスに恵まれます。

≪粘り強く頑張ります≫

今やるべきことに集中します。
どんなに厳しい状況になっても、
やり遂げた時の喜びや達成感を想像しながら集中する習慣を身に付けています。

時にはすべてを忘れて、やるべきことに没頭します。
そのエネルギーは凄いものです。

たとえ地味なことでも継続することができます。

≪周囲の人に感謝、環境に感謝する素直さがあります≫

常に素直に感謝の気持ちをもっているので、
ゆったりとしていてストレスをため込まない習慣を身に付けています。
周囲に対して不満を持つことがないので、
今置かれている環境を素直に受け入れます。

楽しく過ごすことを心がけているので、
嬉しいことが舞い込んでくるチャンスに恵まれます。

≪何事も早めに取りかかればチャンスを呼び込む余裕ができる≫

何事も早め早めにとりかかることです。
先延ばしはけっして良いことはありません。

仕事でもそうですが、
納期がせまって慌てて取り組むと失敗するリスクが高まるだけです。
極力避けなければいけません。

早めに進んでいれば、来るべきチャンス到来に備えることができます。

くよく考えてみると、
現実に「運」などというものが存在するとは思えません。

一方、私たちの周りで起きることは、
偶然ではなく日々の習慣の結果だと考えることはできるでしょう。

面接で、「あなたは運が良い人ですか?」と質問し、
「運が悪い!」と答えた人は採用しなかった、という
松下幸之助さんは「運が良かった」だけで大成功したのでしょうか。

高い志を持ち、日々努力を積み重ね、
リスクを取り会社経営に臨んだからこそ大成功したのです。
お客様の困っていることを解決する製品を提供することだけを考え、
日々行動し、それが習慣化するまで突き詰めた結果のことだと思います。

習慣と物事の結果には相関関係があります。
そのため、
日々の小さな習慣を変えることで実際に運を良くすることができます。

「運を自分のモノにするのも実力のうち!」と云われるのも頷けますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする