仕事がデキる人の生活習慣と睡眠のとり方

《睡眠不足が続くと生活習慣病の心配がある》

型コロナウィルスによる感染拡大が
止まりません。

世界での感染者が100万人を超えたとの
ニュースも流れています。

我が家の長男が勤める会社では、所属する
事業所に感染者が出たとのことで2週間
自宅待機となっています。

ふだんは勤務時間が不規則な職種ですが、
自宅待機ともなると規則正しい生活になって
います。

会社からの連絡メールを常に気にかけながら、
業務に必要な知識の習得のため自室で
頑張っています。

体調を気にしてか適度な睡眠時間と朝食前の
ランニングを欠かさないようにしているよう
です。

仕事が始まると、元の不規則な睡眠時間の
生活に戻るのですが、「本人は仕事がしたい」
と口癖のように言っています。

ところで、人は誰にでも、毎日の仕事が
面白くなり自身の成長を実感する時期が
あります。

仕事力がつく大事な期間なんですね。

ところが、睡眠時間を犠牲にしてしまいがち
な時期でもあります。

厚生労働省の調査によると、睡眠時間が
6時間未満の人は、全体の約4割、40代の
人では約半数の人が6時間未満だそうです。

自分自身を振り返ってみると、
30代後半から40代前半にかけて睡眠時間を
犠牲にした時期がありました。

おまけに単身赴任も重なり、無我夢中で仕事
で走り回っていました。

時々、ストレスを感じるようになってきた
のもこの頃でした。

気づくと肥満と生活習慣病の警告を受ける
ほどになっていました。
痛風を経験したのもこの頃です。

知らず知らずのうちに、狭心症という病気に
つながってしまった苦い経験があります。

《適切な睡眠時間を確保することが重要です》

眠と心身の健康について調べていると、
「睡眠負債」という言葉に出会います。

2017年ユーキャン新語・流行語大賞
ベストテンにも選ばれたのでご存知の方も
多いでしょう。

ふつう睡眠が不足してくると、日中眠気を
感じそのことを自覚するものです。

ところが実際には睡眠時間が足りていない
にもかかわらず、本人はその自覚がない
ケースが多いとのことです。

この『自覚がない睡眠不足の状態』を
睡眠負債と呼ぶそうです。

2017.6.18放送のNHK放送スペシャル
で紹介されましたが、「毎日6時間程度の
睡眠で問題はないと思っている人が、実は
睡眠時間がわずかに足りず、その影響が
借金のように蓄積される」とのこと。

その結果、仕事の出来栄えが悪くなったり、
生活習慣病へのリスクが高まる可能性が
あるそうです。

この状態を、睡眠の研究者たちが
「睡眠負債」と名付けています。

《あなたの睡眠時間はほんとうに充分ですか?》

にとって、必要睡眠時間はそれぞれです。

それぞれの体質、年齢などによる個人的な
要因に影響されるものです。

きちんと睡眠がとれているかどうかは、
日中眠気を感じることなく過ごせるか
どうかで判断できそうです。

睡眠不足の蓄積が、生活習慣病、精神疾患、
認知症などの疾病リスクを高めることは
理解できます。

いろんな研究結果があきらかにしてくれて
いますから。

でも睡眠時間が長ければ良いというものでも
ないようです。

睡眠時間は年齢、季節によっても変わって
きます。

睡眠時間は個人差もあり、その長短を気に
することもなさそうです。

《睡眠にもっと気を配って心身ともに健康に!》

中眠くなったり、お休みの日に遅くまで
寝てしまうことはありませんか、

それは、日頃の睡眠時間が足りていない
証拠です。

自身に適切な睡眠時間を確保することが、
心身の健康にとって重要になります。

睡眠不足は疾病の原因になるリスクが
高まります。

仕事のパフォーマンスや記憶力にも影響を
及ぼしてしまいます。

平日の睡眠不足を解消しようと、土日に
寝だめをする人もいます。

ところが、十分眠ったのに月曜日がダルイ、
こんな経験をしたことがありませんか。

この「ブルーマンデー」を軽くみては
いけません。

少しぐらいの寝過ぎは大丈夫ですが、寝過ぎ
は禁物です。

朝日を浴びるタイミングがないと体内リズム
が乱れてしまいます。

疾病の遠因にもなりかねません。

仕事がデキる人は、睡眠不足を解消しながら、
体内リズムをコントロールして、生き生き
とした毎日を過ごすよう心掛けています。

あなたも経験があると思いますが、身体が
必要としている時間以上に睡眠をとること
はできませんよね。

勝手に目覚めてしまいますから。

睡眠時間にこだわり過ぎると、逆に不眠に
なったり眠りが浅くなってしまいます。

睡眠時間は人それぞれ!ということですね。

自分自身にとって適正な睡眠時間の長さを
把握することが大事なようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする