ストレスには強い心で反応できるようになれます!

《ストレスは成長の機会になります!》

たちは、辛い厳しい仕事や残業続きの
仕事ではストレスを強く感じます。

毎日ノルマに追われ、上司から叱責を受けて
いる日々では同じようにストレスを感じます。

そんな時は、感情的にならず冷めた感覚で
他人ごとのように受け止めることができれば
ストレスは軽減されるはずです。

「自分はほんとうに頑張って仕事を
しているんだから!」
「あらっ!仕事でミスをして怒られている!」

まるで能天気な人のような受け止め方です。

そうすれば過敏に反応せず、
冷静にストレスをかわすことができます。

ところが、不思議なことに、
人間はストレスを避け続けると
大きなチャンスを逃してしまいます。

また、無力感に支配されるようになって
しまいます。

人間は大きなストレスを克服できることで、
自分自身を成長させることができます。

この経験が、
後々大いに役立つものになります。

ストレスを感じたら、

「これは自分が成長する良い機会だ!」
「経験を積み重ねれば後々大いに役立つ!」
「ここを乗り切れば達成感を満喫できる!」

などと思うことができれば恐れることなど
ありません。

日々仕事の中で、ベストなパフォーマンスを
引き出すには、リラックスするだけではなく、
適度なストレスも必要なのです。

プレッシャーをプレッシャーとは感じない、
一流アスリートのように緊張感を楽しめる
ようになります。

トラブルに見舞われても、それに対して萎縮
したり苦痛と強く感じたりはしません。

前向きでポジティブな考えを持っている人は、
ストレスに対して強いのです。

《アスリートはストレスと上手に向き合う》

たちは、日常生活の中でストレスを避ける
ことは不可能です。

そのストレスに悩まされるだけでは
成長はありません。

ストレスに対処する考え方はないもの
でしょうか。

視点を変えればストレスへの対処は
楽になります。

そうであるなら、
「ストレスにどう反応してやろうか」と、
前向きに捉えることができればストレスを
軽減できそうです。

考え方ひとつで、ストレスを自分の成長の
機会にできるはずです。

だって物事には良い面と悪い面が両方ある
わけですから。

一流のアスリートと呼ばれる人たちは、
日ごろのトレーニングで自分を徹底して
追い込みます。

この辛いトレーニングに耐えた先に、
「強くなった自分」を想像し期待して
いるからです。

辛いトレーニングが原因で心を病んでしまう
ことはありません。

相撲力士をアスリートと呼ぶかどうかは
さておき、相撲部屋の稽古風景がわかり
やすいですね。

あの厳しい稽古に耐えた後の自分の将来の
晴れ姿を想像できるから、耐えることが
できるのですね。

このストレスを受けている時は、
ほんとうに辛く長く感じます。

それでも解放された時のことを考えると
「幸福感」、「達成感」を感じるものです。

《ストレスを都合の良い解釈で軽くする》

トレスは避けられないものです。

そうであるなら、ストレスと上手に付き合って
いく方法を知っておく必要があります。

必要以上にストレスを回避しようとしても
成長はありません。

逆に、ストレスを上手に解消する事が出来れば、
心身ともに健康な生活を続ける事は十分に可能
です。

自分に合ったストレス解消法を探す必要が
あります。

私は自分の都合のいいように解釈します。
ストレスを感じた出来事は、事実として認める
より仕方がありません。

それでも受け止め方ひとつで変えることが
できます。

仮に上司から怒られても、
「いちいち細かいことを言うな!」と
受け止めるより、
「俺の将来を心配してくれているんだな~」
と受け止めることができれば良いですね。

ストレスになるかならないかは受け止め方
次第です。

ストレスは溜め込んではいけません。
上手に発散することです。

間違っても、やけ食いはいけません。
ストレスが溜まるとやけ食いや過食をする方
がいます。
太るだけです。

やけ酒もそうです。
歯止めが効かず、やりすぎてしまいがち
だからです

依存症は一度かかってしまうとそこから
抜け出すのは非常に大変です。

人生にとって貴重な時間を無駄に
してしまいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする