コミュニケーションの基本は会話にあり!

≪人間関係づくりは会話から≫

は、かつて異業種への転職、高校時代に
他府県への転校をそれぞれ一度経験しました。

転校、転職など周りに知り合いが誰もいない
時は、気持ちは不安でいっぱいになります。

初めて声をかけてくれた人、
新しい職場で仕事をサポートしてくれた人、
こんな時の会話ほど気持ちを楽にしてくれた
ものはありません。

人間関係を創る第一歩が会話です。

何をするにしても人とコミュニケーションを
とる必要があります。

あなたは、
「どうもコミュニケーションは苦手だなぁ~」
と思ってはいませんか。

ひょっとしたら、
職場では人間関係がぎくしゃくしていて、
ストレスを抱えているのではありませんか。

気になる異性と親しくなりたいのに親しく
なれない悩みを抱えてはいませんか。

どうすれば上手に会話を切り出せるように
なれるのでしょうか、
どうすれば好きな異性との距離を縮めること
ができるようになるのでしょうか。


どうすれば得意先の担当者と親しく会話が
できるようになるのでしょうか。

苦手意識をなくし、人と接することを楽しめ
るように自信を持ちたいものですね。

特に職場では、仕事をこなしていく中で人間
関係が円滑であることが重要です。

上司、先輩、同僚とのコミュニケーションは
欠かせません。

やはり、その秘訣は会話力にあります。

もちろん、会話力うんぬんの前に仕事に関す
る専門的な知識を身に付けておく必要はあり
ますよ。

仕事の内容によっては、他人とのコミュニケ
ーションを必要しない場合もあるかもしれま
せん。

とはいえ、コミュニケーション能力を身に付
けておくことは大事なことです。

どんな仕事でもすぐに対応できるように。
チームワークを必要とする仕事にもスムーズ
に関われるように。

≪コミュニケーションの基本≫


代は、
単純作業はパソコンがやってくれます。

コツコツと作業をこなす人が評価されるとは
限りません。

どんな仕事でも独創性が求められ、
クリエイティブな成果が評価されるように
なりました。

会議でも、打ち合わせでも、アイデアなどを
積極的に発信する人が評価されます。

たとえそれが雑談レベルでも、上司と部下の
コミュニケーションの役目を果たします。

仕事に関係する雑談ならば問題はありません
から。

私の同僚に、とても紳士的でまじめに仕事に
取り組んでいる人がいました。


会社にも十分貢献しているはずなのに、評価
を得られないのです。

周りとのコミュニケーションが充分とれてい
なかったのか、特に上司からの信頼を得るこ
とができなかったようです。

本人からすれば理不尽に感じたことでしょう。
接する人にしっかり考えを伝えるコミュニケ
ーションの基本が身に付いていなかったよう
です。

≪会話の基本≫

ミュニケーションを円滑にし、もっと人間
関係を良くしていければ、人と接することが
楽しくなります。
自信にもなります。

「コミュニケーションをとることが苦手」、
と考える人が苦手意識を克服できれば、
周囲の人との互いを知り理解し合える人が
増えるはずです。

「あなたのことを知りたい!」と思っている
人は、あなたが考えている以上にたくさんい
ます。


コミュニケーションの役目は、ビジネス現場
であれ、職場での共同作業の現場であれ、プ
ライベートの時であれ、好感を持ってもらい、
信頼関係を築くためにあるのです。

人は、自分自身のことを価値ある存在だと思
いたい、他人からも価値ある存在だと認めて
もらいたい、という心理欲求があります。
(心理学者・マズローの欲求5段階説にある
”承認の欲求“ )

その欲求を充たしてあげれば、人は自分を
価値ある存在として認めてもらえている、
と感じます。

会話の基本がここにあります!

相手の話をしっかり聴き、相手の話に言葉を
投げかけ反応することです。
それが「あなたのことを認めていますよ!」
とのメッセージになります。

・相手の話を途中で遮らず、最後まで聴くこと
・相手の話を否定しない、たとえあなたの考
 えと違っても受け入れます


目の前の相手に興味や関心を持って、丁寧に
話を聴いてみてください。
日々この基本を心がけて周囲の人と会話を
重ねてください。

いずれは、あなたも周囲の人からあなたの
存在を認められ、円滑なコミュニケーション
と信頼関係を築くことができます。

仕事も恋愛もうまくいきます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする