初対面の人との会話の積み重ねがあなたの人脈をつくります!

≪人脈を広げるために≫

なたは初めて参加する会合や、交流会な
どで初対面の人と直ぐに親しく会話するこ
とが得意ですか。

「どうも苦手で・・・・・」という人が少なく
ありません。

面識のない人にこちらから声をかけるには、
少し勇気も必要ですよね。

また、初対面の人と話す時は、
「相手の関心を惹かなければ」、
「気の利いた一言でも云わなくては」と緊張
しますよね。

ただでさえ、相手のことをまったく知らない
わけですから、緊張するなという方が無理な
話しです。

もっとも相手だって緊張しているはずですよね。

あなたにとって、初対面の人と親しく話す
機会は人脈づくりのチャンスなんです。

人脈はあなたの財産にもなります。

初めて参加する会合や交流会でも、親しく
会話できる人が多ければ多いほどあなたの
世界が広がっていくのです。

特にビジネス現場では、初対面の人には少し
でも良い印象を残したいので、会話の内容に
も気を配る必要があります。

それらを意識するあまり、気を惹く発言をし
なくては、などと空回りばかりしてはいませ
んか。

人見知りせずに、すんなりと会話に入ってい
けるコツがあれば身に付けたいですね。

誰もがコミュニケーションを取るために意識
して会話を重ねています。

相手との会話があるからコミュニケーション
が成り立つのであって、良い関係も築けるの
です。

初対面の人との会話も例外ではありません。

≪初対面の人との会話のコツ≫

にビジネス現場では、初対面の人とは何を
話せば良いのか迷いますよね。

それでも初対面の人と会話をする機会が多く
なるのがビジネスです。

会話の内容も意識して好印象を与えておくこ
とが大事です。

最初の印象は、今後に大きな影響を与えるも
のですからね。
避けては通れません。

「何よりも笑顔で好印象を与えよう」

初対面の人との会話が苦手という人はけっこ
ういるはずです。

初対面から話が盛り上がることは少ないのか
もしれません。
それでも最初から話題が盛り上がれば好感度
も上がります。

とっておきは笑顔で会話することです。
苦手意識も消えてしまいます。

「会話を終わらせないように」

気心の知れた友人なら少々の沈黙の間があっ
ても気にはなりません。

しかし初対面の人となると、会話が続かない
と不安になってしまいます。
初対面の大事な会話を終わらせてはいけませ
んから。

会話はキャッチボールのようなもの、と云わ
れます。

初対面の場合は、ある程度テンポ良くスムー
ズに会話することが大事です。

お互いに緊張が解けていないうちは、
考え込むような話を振ってはいけません。

「相手とはしっかり向き合います」

特に初対面の場合、相手の目をしっかり見
ながら会話してください。

相手は、仕事がデキる人かダメな人か、
信頼できそうかそうでない人か、
さぐりながら会話しています。

自分と向き合って話してくれている、
と思ってくれます。

「雑談で相手の緊張も解けてしまいます」

いきなり本題に入っても、相手の警戒心が解
けていないうちはうまくいかないものです。

相手との距離を縮めるには、
雑談が効果的です。

仕事をする前の大事なコミュニケーション
です。
ただし、長々とやるものではありません。

季節の話題であるとか趣味の話題でも
かまいません。
頃合いを見て本題に入れば良いですね。

かつて新任の銀行支店長が挨拶に来社された
ことがありました。

私は同席しなかったのですが、趣味のゴルフ
談義に終始して帰っていかれたそうです。

初対面で距離を縮めようとされたのでしょう
が、このケースはNGですね。

地域の企業動向とか景気動向についての考え
も知りたかったのに・・・・・・

「会話が苦手なら聞き手に徹してみては」

初対面での会話が特に苦手なら、聞き手に徹
してみるのもOKです。

真剣に相手の話を聞くことができます。

親身になって聞いているので適切な質問も
できます。

相手が真剣に話を聞いてくれているなら、
話し手の方もその姿勢に好感を覚えます。

好印象を残すことができます。

≪人との出会いはあなたの財産です≫

対面の人とでも直ぐに会話ができるように
なるコツはまだまだあります。

ただ大事なことは自然体で会話ができればよ
いのです。

自分が緊張すれば相手に伝わってしまいます。

うまく話そうとせずに、肩の力を抜いて気軽
に話しかければ良いのでは。

経験を重ねていけば苦手意識はいつの間にか
消えてしまいます。

初対面の人との会話の数だけあなたの人脈は
広がります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする