正しいポジティブ思考でストレスとサヨナラを!

は皆、毎日が同じような生活の中でも嬉しく
なるような出来事があったり、ふさぎ込むよう
な嫌なことがあったりの日々です。

最近あなたにとって嬉しい出来事はありましたか。

私は、仕事で失敗したり人間関係で嫌なこと
があると、いつまでも引きずる傾向があります。

頭の中から消し去ろうと思っても直ぐには
ダメです。
しばらくは頭の中に残っています。

そんなところを指摘されて言われたのでしょう。
会社勤めをしている頃、「気が弱い一面がある」
との指摘を受けたことがあります。

どんな場面でも、嫌なことがあれば笑い飛ば
すぐらいのパワーがあると良いですね。

私は、証券会社での営業の仕事が社会人の
スタートでした。
最初は飛込み営業から始めました。

新人はお客さんがいないわけですから、新規
開拓は飛び込み営業になってしまいます。
大半が門前払いです。

ある先輩が、100件飛び込めば3件は成約
できるというのです。

根拠があっての確率とは思えませんでしたが、
そう思い込むことにしました。

ただただ闇雲に飛び込みを続けるより、
まだマシだと思えたからです。

幸い、少しずつではありましたが成果が出る
ようになってきました。

ただひたすら飛込を続けていたら、どこかで
気持ちが切れていたかも知れません。

悲観的になって、後ろ向きな考え方が頭の中
をいっぱいにしたかも知れません。

無理やり明るく振るまって、
「運が悪かっただけ」、「次はうまくいく」と
頑張ってもどこかで限界がきます。

仕事やプライベートでも失敗はあるものです。
「次は失敗しないよう工夫して頑張ろう!」と
考えるのがポジティブ思考です。

ポジティブ思考は、どんなことがあっても
前向きに考えるので、次の行動に移せる大き
なエネルギーを生み出してくれます。

このエネルギーはプラスのパワーとなります
ので、物事は良い方向に向かいやすくなります。

何よりも自分自身が明るく過ごせるので、
周りの人にも良い影響を及ぼし人間関係も
良くなります。

かにポジティブ思考は周囲に良い影響を
与えるのですばらしいことです。

ところが、無理やりポジティブでいることは
間違っているのでは、と考えています。

前述の飛込み営業を例にとると、
断られてばかりの飛込営業なのに、
「次はうまくいく」というような
“無理やり思考”は間違ったポジティブ思考です。

いずれ限界が訪れ、ネガティブな考え方に
支配されるようになってしまいます。

ただただやみくもに、
「ポジティブ思考でいなければならない!」
と思い込むのは間違いです。

しいポジティブ思考について考えてみます。

今起こっている出来事を冷静に受け入れる
ことが大事です。
良いことも悪いこともすべて受け入れて
しまうのです。

なかなか成果が上がらない仕事に対しては、
どこが悪いのか自分でも考え、場合によっては
周りの人からのアドバイスも取り入れます。

これはメモにして書き出しておくことを
お勧めします。もちろん良い点もです。

このような捉え方は、どうすれば成果を挙げる
営業ができるか考えることができ、具体的な
行動に移せることができます。

何も考えずにただ「ポジティブ思考が大事!」
と思い込むだけでは、ストレスを増大させるだけです。

ストレスは体調にまで影響してしまいます。
早めに正しいポジティブ思考を身に付けることです。

ネガティブな状況を打開するために、自分の
個性を認めてあげたり、弱点を長所として
高めるよう工夫すれば楽しくなってきます。

自分は明るい性格だと気づいているなら、
自然な笑顔でお客様と接すればいいでしょう。

自分は人に自慢するほど話し上手ではないと
思うなら、聞き役にまわってお客様にいっぱい
喋ってもらえば仲良くなれるでしょう。

正しいポジティブ思考は、
抱えなくてもいいストレスから解放されます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする